ブーツ選び|激安通販サイトを利用する際に気をつけるべきこととは?

ブーツを通販で購入する前に自分の足に合ったサイズを調べましょう

ブーツはサイズ選びが重要

ブーツを購入する際、通販を利用して安く購入することもできますが、初めて買うものなどはきちんとサイズが合うか確認してから購入することをおすすめします。足を運べる店舗に同じものが売っていたら、そこでもサイズを確認することができます。ブーツのサイズ選びで重要な順にランキング形式でまとてたので、ブーツの試着をして購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ブーツのサイズ選びで重要なことランキング

no.1

指がきちんと上下に動くか

第1位は「指がきちんと上下に動くか」です。ブーツのサイズが自分の足に合っているか確認する場合は、しっかりブーツを履いた際に足の指がきちんと動くか確認することが大切です。少し余裕が無いと、靴ずれしてしまったり、足が痛くなってしまう可能性があるので、サイズ選びでは一番重要な部分です。

no.2

足の甲の部分に余裕があるか

第2位は「足の甲の部分に余裕があるか」です。甲の部分を押しても痛くないか、歩いた際にゆるすぎではないかといった感じで確認することをおすすめします。

no.3

むくんでいるときに履く

第3位は「むくんでいるときに履く」です。ブーツを履いているときにむくんでしまい、きつくて辛くなってしまったという方も少なくないのではないでしょうか。そうならないために、自分がむくみやすい時間帯を覚え、そのときに合わせてブーツを選んでみてはいかがでしょうか。そうすることで、大きすぎるサイズのブーツを買ったり、逆にむくんだときにきつくなるブーツを買ってしまうという心配を防ぐことができるでしょう。

no.4

ブーツの履き口を選ぶ

第4位は「ブーツの履き口を選ぶ」です。履き口が狭かったり、どこかに当たってしまっていると、靴擦れの原因になる可能性があります。しっかり履いて歩くことで確認できるので、歩いても擦れたりしないものを選ぶと良いでしょう。

no.5

足の一番広い部分の幅に合わせる

第5位は「足の一番広い部分の幅に合わせる」です。この幅に合わせずに広すぎる靴や狭すぎるものを選んでしまうと、靴擦れの原因や、歪みの原因になってしまうこともあるので注意するようにしましょう。

ブーツ選び

パソコン

購入前にきちんと試着をしましょう

秋~冬にかけて大活躍のブーツは、ひとつ持っているだけでもコーディネートの幅が広がります。しかし、好みのデザインだけを優先して購入することはあまりおすすめできません。きちんと試着せずに購入してしまうと失敗する恐れもあるので注意が必要です。

サイズの合わないブーツを買ってしまうと

もしデザインだけで選び、少し小さくてもいいやといった気持ちでブーツを購入してしまうと、歩く際に足が圧迫されて痛くなってしまう可能性があります。また、大きいサイズしかなくて妥協してそのサイズのブーツを購入してしまうと、抜けないように足を踏ん張ってしまったりして歩くときに疲れてしまいます。そうならないためにも、自分の足のサイズに合うブーツを選ぶことが重要なのです。

試着の際は店内を歩きまわる

ブーツを試着して自分の足のサイズに合うか確認する場合は、その場で履くだけでなく、店内を少し歩きまわったり、足踏みをしたり、しゃがんだりして確認しましょう。その際に痛かったり抜けそうにならなければ、サイズが合っているということです。

ブーツを履くときは靴下を持参

ブーツを試着する際は、自分で靴下などを持参することをおすすめします。ストッキングなどを貸してくれるショップもありますが、自分が普段はいているものを持参することで、より自分に合ったブーツを選ぶことができます。こういった点にも注意することで、自分の好みにもサイズにも合ったブーツに出会うことができるのではないでしょうか。

広告募集中